自己破産のデメリット

自己破産のデメリット@債務整理なび


当サイトは、
本気で借金に悩み、取立てや督促におびえている人を1人でも救えるよう、借金返済の近道、そして、自己破産のメリット・デメリットを紹介します。
結論を言うと、自己破産しなくても、取立てから逃れる・借金返済は実現可能です。

借金シミュレーションをご存知ですか?
現状の債務状況・返済プランを知ることができます。
自己破産のデメリット



自己破産時に相談するべき所とは

複数の貸金業者などから融資を受けたときは、多重債務に陥るケースがあります。
そのような借金問題の相談には、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することができます。
借金問題についての自己破産の相談を受けている弁護士事務所などでは、初回の相談を無料で受けていたり、費用についても分割払いができるところも多いですので、気軽に相談ができるものとなっています。
弁護士事務所に自己破産の相談することで専門的な知識を有している弁護士や司法書士が手続きの対応を行ってくれますので、貸金業者に対して法律的な手続きを進める旨を通知することで、返済の督促を止めることが可能です。
自己破産の手続きを依頼すると、弁護士などが裁判所に依頼者が借金を返済できないことを認めてもらう手続きを行ってくれますので、抱えている全額の借金について返済義務を免除してもらうことが可能になります。
財産を所有している場合にはほとんど処分されることになりますが、借金問題について悩むことなく、安定した生活を送ることができるようになります。



自己破産 シミュレーション
自己破産 シミュレーションはこちら
>> http://debt-sodan.net/ <<



自己破産後のクレジットカード作成って可能?

自己破産後のだいたい7年から10年の間は住宅ローンや車のローン、あるいはキャッシングやカードローンなどを利用することはできません。同様に基本的にその間はクレジットカードも利用できませんし、新たにクレジットカードを申し込んでも審査に通る可能性は低いでしょう。自己破産をしますと、個人信用情報機関に履歴が残りますので、その記録が残っている7年から10年間はそれらを利用できないのです。いわゆるブラックリストにのっているという状態になります。ですので、確実にクレジットカードを作りたいのであれば、その期間は申し込みをしないほうが無難です。下手に申し込んでまた審査に落ちてしまいますとその情報が個人信用情報機関に載ってしまいますので、ますますクレジットカードを作りにくくなります。ですので確実にクレジットカードを作りたいのであれば、その期間が過ぎたころに個人信用情報機関に自分の自己破産の履歴が残っているかどうかの開示請求を行い、消えているのを確認して、新たにクレジットカードを申し込むとよいでしょう。ですが自己破産後、7年から10年間もクレジットカードが利用できないのはやはり不便です。そういう時にはVISAデビットカードなどを利用しましょう。デビットカードは自己破産に関係なく持つことができるカードです。クレジットカードの場合は引き落としはひと月後で一括かリボになりますが、デビットカードの場合は決済と同時に一括で引き落としになり、引き落としのタイミングが違うだけですので非常に便利に利用できます。



自己破産 シミュレーション
自己破産 シミュレーションはこちら
>> http://debt-sodan.net/ <<



自己破産の流れについて

自己破産の手続きを成立させる流れとしては、まずは法律の専門家に依頼することになります。
弁護士に依頼することによって借り入れを行っていた貸金業者に通知を送付してもらうことになり、取り立てや返済についての督促を停止させることができます。
その後、貸金業者から借り入れの取引履歴を提出してもらって、法定利息の上限金利で計算をし直して、正しい債務の金額を確定させます。
借金問題を抱えている依頼者は必要な書類の収集や、申し立て書類の作成を行います。
自己破産の手続きの流れでは裁判所に受付を行うことになり、裁判官との面接を弁護士が済ませることで裁判所から破産手続き開始決定、同時廃止決定が出されます。
これによって借金の返済能力が不能であることを、法律的に認めてもらうことになります。
裁判官の面接を受けるために、弁護士と一緒に依頼者も裁判所へ行って免責審尋を受けます。
免責審尋を受けた後に裁判所から免責許可決定が出されて、依頼している法律事務所に送付されます。
免責許可決定が出されてから1か月経過してから、法律的に免責が確定して自己破産が成立することになります。

債務整理を行った際のクレジットカードの作成について
債務整理とは多額の融資を貸金業者から受けて、支払う能力がない場合に借金問題を解決する手段として用いられるもので、任意整理や自己破産、個人再生、過払い金請求など様々な方法があります。
債務整理の種類によって借金問題を解決するための手段は異なってきますが、共有してあげられるデメリットとしてクレジットカードを作ったりローンを組めなくなる点があります。
銀行などの金融機関や貸金業者などは個人の信用情報を共有していますので、債務整理を行った場合には信用情報機関に登録されることになります。
任意整理を行った場合には5年間ほどはクレジットカードの作成はできないことが考えられますし、自己破産や個人再生を行った場合についても最大10年ほどは新規の借り入れができないと考えておいたほうが良いでしょう。
過払い金請求は利息制限法に定められている金利以上の支払いを行った場合に、払いすぎた利息分を取り戻す手続きのことを言います。
過払い金請求を行った場合は、その借り入れ先からは融資を受けられなくなることが考えられます。
借金の返済方法@借金返済の悩みQ&A



固定金利による元利均等借金返済方式シュミレーションとは
借金返済のために大切なことは何でしょうか。それは道理にかなった計画をたてることです。
もちろん計画だけではなく実行に移すことが鍵です。でもたくさんの負債を抱えていたら、つい圧倒されそうになるのではないでしょうか。
そんなときはシミュレーションをしてみましょう。
シミュレーションとは借金をどのようにして返済するのかを計算することです。
その際には変動金利で計算するか固定金利かで金額は変わってきます。固定金利による元利均等方式シミュレーションとは固定された金利で計算する方法です。また元利均等というのは毎月定額を返済することです。つまり金利も返済額も固定されています。
こうした計画によって借金返済を早く終わらせることができます。
経済的、精神的にも楽になります。完済させるためにさらに借金をするということは避けましょう。
一時的には解決策にはなるかもしれません。
でも後でもっと大変な思いをすることになりかねません。
借金返済シミュレーション


借金返せない
借金が返せないのが理由で結婚できない人の特徴
健全な結婚生活のためにはお金が必要であり、結婚前に無借金の状態になっておくのが好ましいです。
あとから借金が発覚してトラブルとなり、離婚の原因となることは少なくありません。
婚期を逃している方は、その理由をローンのせいにしているケースが多いです。
ローンを返済できない場合、金利が高いなどと言い訳する方もいますが、事前に金利を把握して借りたはずなのです。
返せないのは自己責任である場合が多く、収支のバランスを把握していない、もしくは返済シミュレーションをせずに借り入れしていたケースが多いです。

借金を返せない方に共通しているのは、返すよりも借りる金額のほうが大きいことです。
月に2万円を返済しても、その直後にまた2万円借りるというローンの使い方をしている方もいます。
たびたびお金を借りる必要がある状況なら、現在の経済力に問題があります。
節約生活は必須ですし、収入を増やすための工夫も必要でしょう。
収入が少なく返済金を用意できなければ、永遠にローンから逃れることはできません。